SNSを辞めてメール一本にしてみた

mixi、twitter、Facebook……

SNSがたくさんあり、自分の断片をwebに落としていく中で、交流や関係に疲れませんか。
twitterがきっかけで私は、SNSを辞めました。

友達に遊ぶ場所と時間をメールをしたのに返事はなく、twitterを覗けばメールを受けたはずの友達は「暇~」なんて呟いている。

「メールしたけど?」と友達にリプライしたら「twitterで用件を話してよ~!」なんて言葉が。
しょうがないのでDMして用件は済みましたが、全くメールも返信できないほどtwitter浸りになってしまうなんて!

誰が見てるか分からないのに、オープンなSNSで集合場所なんて伝えられるわけないのに。
(そのくせストーカー心配!とか言っちゃう友達って…)

とか友達のことを心の中で批判しましたけど、自分も結構依存している気がして心機一転のつもりでSNS辞めちゃいました。

となると、連絡ツールは「なかなか返事がもらえないメール」だけで。
取り残された感満載……でしたがそれも最初だけ。

ちょっとしたことで中学時代の古い友達とメールのやり取りをするようになって、今や死語?のメル友としてお互いの近状をやりとりするようになりました。

SNSと違って、たくさんの情報を一方的に流し込まれたり、使い方の違いで起きる摩擦もなくて手紙のやり取りみたい。
SNSやる前は、こうしてメールで友達とやり取りしていたことを思い出してなんだか、レトロな感じ。

twitterも面白いけど、今はのんびり一対一のメル友との交流を楽しんでます。