長短をつける

女性に対してメールを送る上で大切なやり方として、有効なのが長短をつけるということです。いつも長文を送ってしまうと相手は見るのに疲れてしまいますし、質問ばかりされてしまいますと、返答するのに困ってしまいます。逆にいつも一行や二行でメールを送られてしまってもメールをしているほうとしては面白みが無いですし、文章の無いようによっては、これ!一回で送れない?二回に分けて送る必要ある!?と思ってしまいます。

長文の場合は、長い間文章を作っているため、質にこだわって作っているから大丈夫!逆に、仲良くなるためには回数をこなすことが何より重要と言う人もいると思いますが、ここではあくまでバランスにこだわりたいと思います。

回数を沢山こなしていると相手はメールばかりに目を向けなくてはいけません。また、長文で送られてばかりいたら同じように返そうと考えてしまいますので、メールを打つのも一苦労で疲れてしまいます。だからと言って丁度いい文章を打てば問題ないの?と考えてしまうのは安易な考えていえるでしょう!大体7行程度毎回送れば、疲れることもないし、沢山やり取りしなきゃいけないと言うわけではないからいいジャンと考えてしまっては相手にとってはマンネリ感を与えてしまいます。

それよりも基本は中間で、内容によって長短をつけるようにしましょう。そういった心構え一つで相手の反応は大分変わってくるのです。