無言になった時の対処法

ある程度、話して長時間一緒にいればどんなに面白い人でも、居酒屋などで話していればネタがなくなってしまって後半は無言になってしまいきまづい雰囲気になっちゃった経験はありませんか?

そういった場合をそう手しているかいないかでとっさの時の判断が変わってきます。そうなる前にここをチェックしておきましょう。

特に、相手がしゃべるのが不得意の場合はいくら自分が頑張っても疲れてしまいます。その場合は、店を変えることをオススメします。空気を換えると表現した方がいいかもしれません。場所や環境が変わればまた新しい会話も生まれてきますので、オススメです。

ただ、一番厄介なのが、終電一時間前など、店を変えるほどではない時間帯の時などは判断に困る時があるでしょう。

実はここが問題なのです。そうなる前に事前に店を帰ることが必要なのです。初めから一軒で済ませようと思っているからこそ、失敗を踏んでしまいます。ある程度盛り上がっていたとしてもそこは事前に変えておくことをオススメします。

居酒屋に言っていたらバーに入ったり等、飽きさせない努力をしましょう。