緊張していることを伝える

人見知りの激しい人に見て欲しいページですが、どうしても緊張が解けない人もいるでしょう。そうなった場合は、ずっと固まっているよりも緊張していることを素直に伝えたほうがいいです。緊張してしまうとどうしても自分から発言できませんよね?で、あるならば、いっそのこと緊張していることをネタにしてしまったほうがいいでしょう。

せっかく新しい出会いを求めて勇気と時間を削って、その日を迎えたのです。そこまでこぎつけたということは、それだけ相手は好感を持っているということです。自分がアドバンテージを握っていると前向き考えましょう。

ただ、実際には今は分かっているけど、いざ現場で話そうと思ったら、話せないと言う人も多いはず!そんなどうしようもない時は、一度トイレに逃げ込んで、自分は俳優と頭で考えましょう。自分を客観的に見ることが大切です。

これが非常に大事です。一旦その現場を離れて冷静に自分と相手を見つめなおす!それをするだけで、自分がまず落ち着きを取り戻すことが出来ます。それを実行しましょう。