相手の目を見て話す

人と会話する上で、一番大切なことというのは相手の目を見て話すということです。これが今の人たちが中々出来ないようです。相手の目を見続けていると、顔が引きつってしまったりにやけてしまったり、恥ずかしくなってしまう人が多いでしょう。

特に初対面となれば、より恥ずかしさや緊張が先走ってしまって、より相手の目が見れなくなってしまいがちです。

しかし、注意しなければそれだけで相手は話す気をなくしてしまいます。それでは悪循環に陥っていしまいますので、相手の目を見て話すことは絶対に抑えておきましょう。

もし、どうしても緊張してずっと相手の目を見ることが出来ないという人は、自分にノルマを課して徐々に目標を高くしていきましょう。初めは自分が話すときは絶対に3秒間は見て話す!と決めたり、相手がしゃべっている時は5秒間であったりと目標を設定していくのです。最初からずっと見るというのは不可能に近いです。

そうやって練習していけばいつの間にかそういったことが出来るようになるでしょう。