出会い目的でなかった場合

メル友を利用して一番厄介なのが別段早急に新しい出会いを求めていない上で、メル友を利用されている方とリア友へと発展していったケースです。どんなケースかと言うと、純粋に金銭目的での援助を求めていたり、暇つぶしであったり、人脈作りであったり、宗教の勧誘であったり、美容器機の販売目的、結婚詐欺などが上げられます。本来は禁止されていますし、もちろんそんなことはあってはいけないと考えておりますが、最終的に会うのは当事者ですし、そういった目的で行っている人は手馴れている人が多いので、中々尻尾を出しません。

そういう人は自衛の時代だからこそ事前にそういった可能性があるかもしれないと思っておいたほうがいいでしょう。そしてそういった人たちのせいでメル友サイトや出会い系サイトなど新たなら出会いを求めている人に対して縁を提供しているところは悪徳業者と叩かれてしまいがちなのです。

怪しいと思ったら自分を疑うことをしましょう。このままで大丈夫なのかどうかなど、もう一度冷静になりましょう。

そして、会ってみてそういった販売や宗教の勧誘に巻き込まれた場合はハッキリと断ってすぐにでもそこから離れましょう。というのは、自分は絶対に大丈夫と思っていますが、勧誘している人はダメ前提からOKに持っていくプロです。いつまでもいたらそれだけ危険性も増えます。ですのでそういう話になったらもう会うのは辞めましょう。