話し方に強弱を

この頁では実際に女性と話す機会がある際、誰にでも注意して欲しいのが、声の強弱です。いつも同じトーンで話していたら、女性は大半を聞き逃してしまいます。

というのは男性と女性の脳の仕組みが違うからです。男性の場合であれば一つの物事に集中して取り組むことが出来ますが、女性の場合は集中が分散してしまいます。

分かりやすい説明をすると車の運転です。男性の場合は道をおぼえて進む為には前の車を見て標識やルートなど必要最低限の視野しか広げようとはしませんが、女性の場合は車を運転をするときに、男性よりもビルを見たり、店を見たりしてルートを建物などから覚えてしまいがちです。その為集中する意識そのものに違いが出るのです。

これを対面で話しているときは男性が女性に対して話しているときは女性は面と向かって話していてもどうしても分散してしまいがちです。ですのでしっかりと相手に自分を見て欲しいと思ったら話し方に強弱をつけて相手の意識をこちら側に向けさせなくてはいけません。

その為声の強弱というものは絶対に必要なのです。相すれば女性にその時のことを聞いてもかなり覚えていてくれるようになります。