告白の仕方

どんな人間であっても告白というものは非常に緊張します。やはり断られた時のことを考えられます。しかし、いつまでもどっちつかずの関係にはなりたくないと思うでしょう。

では、告白の仕方についてここではこっそりとお伝えしちゃいます。

ぶっちゃけた話、告白の台詞というものはあまりにも的外れなことを言わなければ、相手には自分の気持ちは伝わります。その為、極端な話普通の台詞であれば問題ありません。

問題は告白を断れないようにします。そんな方法をお伝えします。それは前置きが肝心です。それも自分の重いではなくて二人がどのように仲良くなって今日に至るのかをくどくない様に説明していくことが肝心です。

※これから具体例を挙げていきますが、実際にいう時は自分の言葉で言ってください。でないとそれこそダメな告白の仕方になってしまいます。

「自分は〇〇さんと一緒にいて凄い楽しいし、ケンカもしたことあるけれど、こうやって一緒にいることは楽しいからだと思うし、悩み事も相談したことあるのはやっぱり信用できるからだと思うし、〇〇さんも少なからず一緒にいるから楽しいと思うから友達として一緒にいてくれるんだと思います。」

「今は〇〇さんは自分の事を友達(知り合い)にしか見えていないかもしれないけど、これから先付き合うんだったらいつも一緒にくだらない事を言い合える〇〇さんと一緒にいたいと思ってその気持ちが好きに変わりました。」

「今はまだ友達関係にしか思えなくていいけど、絶対に好きにさせて見せるから、今までどおりでかまわないから付き合ってください」といいましょう。

一例を挙げましたが、自分がどんな気持ちなのか、その人とどんな距離感なのか?相手が今自分に対してどういった関係なのかを踏まえた上で告白することが大切なのです。二・三回しかあっていないのであれば、「今はまだ友達にしか見えないかも」というところを「今はまだ日が浅いから」という風に自分に置き換えて告白しましょう。しかし、このときは演技派俳優になったつもりで緊張していながらもまじめな感じで言わなければ伝わないので注意して下さい。