相手の嗜好に合わせる

あうことになった際にしっかりと相手のしっかりとした趣味を優先しなくてはいけません。
落ち着いたところで話をしたいと考えて懐石料理の純和風な店をしっかりとチョイスしたけれど相手はたまにははっちゃけたいと思っているかもしれません。その逆も叱りです。

また、相手はカラオケに行きたいと思っていたにも関わらず、温泉に行こうとしたら相手は表面上の喜びしかありません。
サプライズをしようと思っていても相手が非常に恥ずかしがりやだったらたまった者ではなく、自分が楽しませたいと思っていることと相手が喜ぶことは必ずともイコールとは思わないようにしましょう。

だからこそ相手が今どんな心理状況なのかをしっかりと理解することが必要です。
事前に聞いておいて相手を楽しませることに力を入れましょう。