メールの頻度

新しい人とメールをしていて楽しいのは最初の2日間が限界かもしれません。
今の時代あまりにも流行の移り変わりが速く、お笑い芸人のネタも半年もしないうちに飽きがきてしまって一発屋芸人と呼ばれてしまうように、今の社会の風潮としてすぐにマンネリに陥ってしまいがちです。
その為メールのやり取りをしていてもすぐに刺激がなくなってしまってどんどん面倒と感じるようになってきてしまいます。

では、どれぐらいの頻度でやっていけばいいのでしょうか?
そおれははっきり言って濃い時間を作って相手の感情をいち早く高ぶらせられるかが鍵でしょう。
あまりにもしつこく何通も自分本位で送っては意味が無いですし、文章が長すぎても短すぎてもダメです。
いかに長くならずに空いてとの距離を詰め寄ることが出来る文章を作成できるかに力を入れましょう。

頻度は最初の一日は来たメールに対してすぐに送り返すように心がけて話題を振り、相手からメールが来た内容もしっかりと返します。
二日目はある程度情報を持っているため、それに向けて出会う前提の半紙に切り替えるようにしましょう。

鉄は熱いうちに打てという言うように早めの対策が必要です。